腕枕に憧れる女性たち

腕枕

腕枕……それは女の夢。
腕枕……それは女の願望。

「彼氏が腕枕をしてくれない」と悲しみにくれる女性もいれば「腕枕はしてくれるけど、痛くないか気になってこっちが眠れない」と悩む女性もいます。

「腕枕で眠りにつく」というのは叶わぬ夢なのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。
ちょっとした工夫で、お互いに快適な『腕枕ライフ』を送ることは可能になります。

今回は彼氏に腕枕をしてもらうときの5つのちょっとしたコツを紹介します。

彼氏に腕枕をしてもらうときの5つのちょっとしたコツ

【1】「ちょっとだけ」とお願いする

ちょっとだけ

「腕枕をして欲しいけれど痛くなるからと嫌がられる」「恥ずかしくてなかなか彼氏に腕枕をして欲しいと言い出せない」

そんな女性におすすめなのは「ちょっとだけ腕枕をして」とお願いすることです。「ちょっとだけ」という言葉が、お互いの腕枕へのハードルを下げてくれます。

【2】頭は枕に乗せる

頭は枕

人間の頭の重さは体重の約10%だと言われていますので、体重50キロの人であれば頭の重さは5キロとなります。

腕枕をするとき。文字通りに彼の腕を枕にして頭を乗せてしまうとその重みの全ては彼の腕にかかります。5キロの球体を腕に乗せ続けたら、血液の流れも滞ってしまいますよね。

「ちょっと痺れるな〜」くらいの経験をしたことがある人は多いかと思いますが、腕枕を長時間続けると、数日〜数ヶ月にも及ぶ一時的な神経麻痺を引き起こす可能性もあります。(サタデーナイト症候群、ハネムーン症候群などの名前で呼ばれています)

これを防ぐためにも、腕枕のときには頭は枕に乗せて首のくぼみに彼の腕をいれてもらうようにしましょう。この方法ならば頭の重さのほとんどは枕にかかるので、男性の腕も痛くなりにくいです。

【3】髪は結んでおく

髪は結ぶ

腕枕をしてもらうとき、意外と多くの女性を悩ませているのが髪の毛の問題。枕と違い人の肌は多少湿り気があります。そのため引っ張られたりグシャグシャになってしまいがち。

髪が長い人はあらかじめサイドにまとめておくのがオススメです。

【4】思い切り身を委ねる

身を委ねる

腕枕をしてもらっている最中「彼は痛くなってないかな?」と気にするあまりモゾモゾと体を動かしてしまう気持ちは分かりますが、あれをやってしまうと、男性も落ち着けません。

一度位置を決めたら、思い切り身を委ねてしまいましょう。

【5】うとうとしてきたら外す

うとうとしてきたら

【2】で紹介した方法をとれば、頭の重みのほとんどは枕に逃がすことができます。しかしそれでも一晩中腕枕をするのにはそれなりの危険が伴います。

あなたがうとうと、心地よい眠りに誘われそうになったら、最後の力を振り絞って彼の腕を首の下から抜きましょう。腕枕の余韻で、幸せな眠りにつけるはずです。

「ありがとう」「幸せ」など、嬉しい気持ちを言葉にして伝えてあげると男性の満足感も高まりますよ。

おわりに

いかがでしたか?

ちょっとしたことですが、実践すれば幸せな『腕枕タイム』をもっと充実したものに変えることができます。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆