社会人にはなぜ出会いがないのか

社会人には出会いがない?

「学生のうちに恋人を作っておいた方がいいよ」

もしかすると、あなたもこんな風に言われた経験があるかもしれません。

一般的に「社会人になると出会いが少なくなる」と言われていますが、いったいそれはどうしてなのでしょうか?

今回はその3つの理由を解説します。

社会人になると出会いが減ってしまう3つの理由

【1】仕事が忙しくて遊ぶ暇がない

仕事が忙しい

入社してから数年は、仕事に慣れるのに精一杯。やっと仕事に慣れてきたと思ったら、今度は部下の育成で手一杯。やっとそれが終わったと思ったら、今度は今までより大きな役割を任させてて……という具合に、真面目に一生懸命働いていると、なかなか心にも体にも余裕ができません。

恋愛は楽しい反面、喧嘩やすれ違いに悩まされたりといった『ハードな一面』も持っているので、社会人になると「とりあえず今は恋愛はいいや」と恋を先延ばしにしてしまう人も多いです。

【2】出会う異性に既婚者が増える

既婚者

学生時代、自分の周りの異性はほとんどが『未婚者』だったと思います。

しかし社会人になり、これまでよりも幅広い世代の人との出会いが多くなってくると、必然的に既婚者との出会いが増え、逆に同世代の未婚者との出会いは減ってしまいます。

【3】自分の中での異性に対するハードルが高くなる

ハードルが高くなる

年を重ねると、だんだん結婚を意識するようになります。また、様々な異性を知り、自分自身がどのような人生を歩みたいかも、だんだん明確になってくると思います。

するとどうしても、これまでは「誰でもいいや」と思っていた『未来の恋人』にも求めるものが多くなってしまい、結果としてなかなか理想の相手と巡り会えなくなってしまいます。

社会人になってから恋人を作るメリットもある

社会人の恋

いかがでしたか?

「社会人になると出会いが少なくなる」と言われているのには、こんな理由があるのです。

……とはいえ、何事にもデメリットがあれば、メリットも少なからずあるもの。社会人になってからの恋だからこそのメリットも、もちろんあります。

詳しく知りたい方はこちらの記事をごらんください。

焦らなくても大丈夫!社会人になってから恋をする5つのメリット

いつも暖かい応援ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆