デート代に関する女性の悩み

th_328673c2ccbb76e8e2bc4155b233e354_s_20140906014547e16.jpg

レストランでの食事のあと、伝票を手に取りさっそうと歩き出す彼。

そんな男性の姿に「ご馳走してくれるのは嬉しいような気もするけど……ちょっとは出した方がいいのかな?」と悩んだ経験のある女性は多いのではないでしょうか。

食事代に限らず、ガソリン代や宿泊費、チケット代など、デートには何かとお金がかかります。

今回はそんな『デート代に関する男性の本音』を4つ解説します。

デート代に関する男性の本音4選

【1】出来れば出してあげたい

できれば出してあげたい

中には「デート代は1円単位まで割り勘」という男性もいますが、世の中の多くの男性は「デート代は出来ればなるべく出して上げたい」と考えているようです。

  • 女性に喜んで欲しいから
  • 男として良いところを見せたい
  • カッコイイ男と思ってもらいたい

こうした気持ちがあるからこそ、男性はせっかくごちそうしたにも関わらず女性に「ごめんね、ごちそうしてもらっちゃって」などと言われるとガッカリしてしまうのです。

男性にご馳走してもらったときには悲しい顔で「ごめんね」と言うよりも、笑顔で「ありがとう」と言った方が喜んでもらえます。

【2】でも正直厳しいときもある

でも厳しいときもある

女性にはなるべくご馳走してあげたい。

……とは言っても、男性が学生だったり、同年代の場合は「厳しいときもある」というのが正直なところのようです。

【3】女性から「出すよ」言ってくれると嬉しい

女性から申し出てくれるとありがたい

だからこそ「ちょっと出すよ」と言ってくれる女性の存在は男性にとってありがたいのだとか。

「いつもごちそうになってるし……」などの台詞を添えると、男性としても受け取りやすいようです。

【4】ATMにはなりたくない

ATMにはなりたくない

「デート代は男性が多めに出すもの」と考えている人は、男女問わず大勢います。

しかし、男性は女性から「ATM扱いされること」をとてもとても嫌がります。男性がお金を出すのは女性に喜んで欲しいからであって、お金を出すことが趣味な訳ではありません。

「奢ってもらって当たり前」な態度は、男性の心を冷めさせてしまうので注意が必要です。

相手の収入やこだわり次第

いかがでしたか?

デートのときにお金を出した方がいいか、それとも出さない方がいいかというのは、相手の男性の性格や金銭状況によって変わってきます。

「出してもらうと助かる」という男性ももちろんいますし、中には「割り勘が当たり前」という男性もいます。

逆に「女性に出させるのは嫌だ」という男性は、むしろあなたがお金を出そうとするのを嫌がるかもしれません。

いずれにせよ、大切なのは相手への感謝の気持ち。お金を受け取ってくれないのであれば、時々プレゼントなどでお返しするのもおすすめです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆