突然ですが…
 
 あなたは、「幸せ」のために何をしていますか?

 a0027_000886.jpg

 「一生懸命頑働いている」「婚活している」「お金を貯めている」

 …そんな答えも、もちろん間違いではありません。

 

 ですが、

 「幸せ」というのは、あなたの心が引き寄せるものだということを、

 忘れてはいけません。

 「結果」は「行動」によるもので、「行動」は「動機」によるものです。

 この「動機」こそがあなたの「心」

 だからこそ、
 
 「幸せになりたい」と強く思った時は、

 まず自分の心を見つめてみることが、

 幸せへの近道だとdrawrysikinは感じています。

 

 …ということで、

 今回は、幸せになるためのちょっとした「レッスン」を紹介したいと思います(^^)

 

 用意するもの…特になし。

 このレッスンの効果…続ければ続けるほど、「ご機嫌な自分」でいられるようになる。
 
                     幸せを引き寄せる、あげまん体質に近づく。

                     不思議と「良い人」に巡り会うようになる。

 さて、一体どんなレッスンなのかというと…

 今日出会う全てのに、

 「この人が幸せになれますように」と心の底から思うこと。

 例えば、満員電車で隣になった人や、コンビニのレジの店員さん。

 嫌みな上司や、生意気な後輩…全ての人に対してです。

 心の中で、「この人が幸せになれますように」と呟きます。

 その人に対して、少しでも嫌な感情が湧いて来ていたら、尚更です。

 

 すると、「怒り」や「イライラ」が押さえられ、

 自然と笑顔でいられる(余裕を持っていられる)ようになります。

 

 もちろん、どうしても憂鬱で気分が乗らない日は、

 無理してこれをやる必要はありません(^^)

 ですが、

 「人にしたこと」というのは、不思議とちゃんと自分にも返ってくるものです。

 満員電車で足を踏まれて、「イラッ」とするのは簡単です。

 むしろ、イラッとしてしまったとしても構いません。

 ですが、その後必ず、
 
 「この人が幸せになれますように」と心の中で呟くのです。

 

 イライラや怒りは、基本的に何も生みません。

 むしろ、「イライラした自分」でいることで、

 次の「イライラ」を引き寄せてしまいます。

 

 「他人の幸せを願う」ことで、

 「自分が幸せになる」…不思議と、そういうものです。

 だからといって、

 「自分が幸せになるため」に「他人の幸せを願う」のは少し違うのですが、

 「これも自分のため」と思えば、

 すんなりとあかの他人の幸せも、願えるものですよ(^^)

 これを実践した日は、

 自分もご機嫌でいられますし、
 
 不思議と、出会う人も「良い人」ばかり。

 

 是非とも試してみていただきたいレッスン方法の一つです(^^)♪