異性からの好意のサイン

th_donttouch.jpg

あなたは気付いてる?男性が好きな女の子に出す7つの脈ありサイン』という記事で詳しく解説していますが、男性も気になる女性には何らかの形で好意があることをアピールしています。

その男性のことが気に入っているのであれば、笑顔であなたも好意のサインをお返しすれば良いのですが、ここで注意したいのが下ネタやボディタッチ。

これらは一見『好意のサイン』のように見えるのですが、実はそうではありません。

今回は下ネタをふられたり、ボディタッチをされたときの対応について解説します。

本命の女性にはしない

実は、多くの男性は下ネタとボディタッチは、本命の女性の前では控えます。なぜなら、嫌われてしまうリスクがあるから。

下ネタを嫌がる女性は多いし、ボディタッチを連発すると『なれなれしい』『チャラい』『遊び人』という印象を与えてしまうと、ほとんどの男性は理解しています。

それでも、下ネタとボディタッチを繰り出してくる男性の狙いはなにか?

それは、相手の女性が『どこまでオーケーか』を計っているのです。

下ネタやボディタッチは露骨なお誘い

ボディタッチや下ネタは、極端に言ってしまえば『お泊まりへのお誘い』もしくは『その場を盛り上げるための生贄』です。

過激な話題や『触る』という露骨な行為に乗ってくる女性は、ある程度「遊びなれている女性」「性的に奔放な女性」「遊んでも大丈夫」「性的な話題を振っても大丈夫」と、男性は考えます。

なので、ボディタッチや下ネタで女性との距離を縮めようとしてくる男性は、お泊まり目当てか、もしくはただ単にその場を楽しみたいだけの場合がほとんどなので、注意が必要です。

「お泊まりしたい」は「彼女にしたい」ではない

女性は「好きな人に抱かれたい」と思っている人が多いのに対して、男性は「好きな人は抱きたい。好きじゃなくても抱きたい」と考える傾向があります。

つまり、お泊まりしたからといって『彼女』になれるとは限らないのです。

ボディタッチや下ネタなどの露骨な『お誘い』に乗ってお泊まりしても、相手の男性には真剣に付き合う気などない……というケースは多々あります。

ボディタッチのかわし方は以前解説しましたが、下ネタにも、基本的に乗らないほうが良いです。

笑顔で少し照れながら「えー……w」と困る。ボディタッチをされたときは「恥ずかしいからからやめて」と断る。

それでもしてくるなら「○○くん、遊び人でしょ?」などとジョブをかましてあなたが「軽い女ではないこと」をしっかりアピールするのがおすすめです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆