恋愛ニートだった私の負け惜しみ…ではありませんよ!笑

 
 「告白されたことがない」って、

 ちょっとコンプレックスになってしまったり…していませんか?

 drawrysikinは、

 すごくコンプレックスでした。

 でも、今の彼氏さんとお付き合いするようになって、

 気づいたことがあるんです。

 それは、「告白」って、本当に真剣に、「気持ちを伝える行為」なんだってコト。

 あたりまえでしょうか?

 drawrysikinは、

 何となく、もっと「軽い」もののように感じていたんですよね。

 だって、

 「今まで何回告白された?」

 なんて質問、

 飲み会で何回も聞いてきましたから(笑)

 しかも、自分が告白なんてしたことがなかったから、

 尚更、「告白」がどんなものか、あまり分かっていなかったんですよね。

 

 でも、

 「告白」って、

 本当にとても勇気がいる事。

 だって、

 その「想い」が返ってくる保証なんてどこにもないし、

 ましてやこれからの「二人の関係」が変わってしまうかもしれない。

 「フラれる」可能性だってあるのだから、
 
 傷つくことになるかもしれない。

 それでも、

 「告白」してくれた…とれはとても光栄なことですよね(^^)

 ですが、

 「告白」には大体いくつかのステップがあります。

 

 中にはダメもとで自分の気持ちが抑えきれずに告白…なんて場合もありますが、

 大抵の場合、

 「相手も自分に好意がある」=付き合ってくれる

 と思ってから、告白する場合がほとんどです。

 つまり、

 「告白される」為には、

 このブログでも何度も口を酸っぱくして(笑お伝えしているように、

 好意を伝えることが大切ですし、

 逆に、

 「告白された」ということは、

 「好意を伝えていた」ということ。

 (↑もちろん、「一目惚れ」や「ダメ元での告白」の場合は例外ですよ!)

 …それって、ちょっと罪な女ですよね(^^;)

 
 「可愛い」「綺麗」などの「モテ要素」が元々あるのならば尚更、
 
 相手に「惚れられる」機会は多いと思います。

 そんな時、

 男の人は「あなたの行動」に一喜一憂しています。

 あなたに、もしその男の人と「付き合うつもり」が全くないのであれば…

 「私はあなたに興味がないのよ」ということを伝えること。

 そうすれば彼は「告白」という一大イベントで「失敗」することはないのです。

 

 もちろん、告白されてもいないのに、

 「私はあなたと付き合うつもりはない」なんて言ってしまっては

 「自意識過剰」ですが、

 でも、

 やんわりと「私とあなたは友達」ということを伝えることは、
 
 そう難しいことではありません。

 例えば、「恋愛相談をする」とか、

 「異性であることを意識しない•させない」

 とか。

 「好きでもない人」には、「意味深な態度」はとらない。

 どこかで、「あなたと私は友達」なのだと(態度で)伝える。
 

 それが本当の良い女ではないでしょうか。

 「告白される女」と「されない女」は紙の裏表。

 「告白されたい」ならば、「OKサインを出す」

 「告白されたくない」ならば、「NGサインを出す。

 「相手の気持ち」を思いやるからこその「サイン」

 大切にしていきたいものです(^^)