恋人との喧嘩がエスカレートしてしまうのはどうして?

喧嘩

「私達、ラブラブよね♪」

付き合いたてのころ、そう言い合っていたカップルも、気付いたら毎日喧嘩ばかり。ささいな言い争いが、気づいたら大喧嘩に発展していた……などという経験をお持ちの方も、決して少なくはないのではないでしょうか。

お互いが相手のことを思っているからこそ。大好きだからこそ。ずっと一緒にいたいと思っているからこそ、譲れない部分もあると思います。

とはいえ、辛い喧嘩はなるべくしたくないもの。

そこで今回は喧嘩が始まってしまったときに、それを『速攻で終わらせる方法』を解説します。恋人との喧嘩がいつも長引いてしまう……という方におすすめです。

恋人との喧嘩を速攻で終わらせるために大切な5つの心がけ

【1】過去の話を持ち出さない

過去の話

喧嘩中、女性は『過去の出来事』を引き合いに出してしまいがちですが、これは男性にはなかなか理解できない行動です。

なぜかというと、女性の方が脳の構造上、過去の出来事を記憶したり思い出しやすいからです。(詳しくは「でも、別れたくない……」喧嘩の多いカップルが改善すべき10の事の記事で解説しています)

女性は男性から1つ嫌なことをされると、芋づるしきにあれもこれもと次々に過去に受けた『酷い仕打ち』を思い出してしまうものですが、男性にとってそれらは全て遠い過去の出来事、もう終わったことです。

『前世で起きた出来事』くらいに思っておくとちょうどいいかもしれません。

そのため、喧嘩中に過去の出来事を持ち出されると「今そんなことを言われても……」「もう終わったことなのに……」「どうして関係のないことを持ち出すの?」と不満を感じます。なぜなら、今の自分にはそれはもうとっくの昔に終わったこと。今の自分には関係のないことだからです。

女性からするとなかなか理解しがたい感覚ではありますが、喧嘩の際には過去の出来事を持ち出さず、『今回の出来事』だけに話を絞ることで、解決へのスピードを速めることが出来ます。

過去の出来事に不満が残っている場合には、『今回の喧嘩』が終わったあとに、『別の話題』として改めて口に出すように心がけましょう。

喧嘩以外の場で「あのときのことを私はまだ引きずっているんだよ」と伝えれば、男性もそれはそれとして聞き入れてくれる可能性が高いです。

【2】どうしたら怒りが収まるかを考える

怒りが収まる方法

喧嘩はどうしたら終わるのでしょうか?

実はこの答えはとてもシンプル。怒っている人(お互い、あるいはどちらか一方)の怒りが収まれば、喧嘩はそれで終了です。しかし問題はその『怒り』がなかなか収まらないこと。

喧嘩が始まってしまったときにはまず『何をしたら(されたら)怒りが収まるのか』を考えてみてください。

自分が相手を怒らせてしまった場合には、とにかく相手の話を聞いて、相手の怒りを理解すること。(参考記事:「ごめんなさい」は逆効果?怒っている人の怒りを最速でおさめる方法

相手の怒りが小さくなってきたら、誠心誠意謝罪をしましょう。場合によってはプレゼントなどの『形』にして反省の気持ちを伝えることも、効果を発揮します。

逆に自分が相手に対して怒りを感じている場合には、どうしたら自分の怒りが収まるかを考えてみてください。それによって意識の方向を『怒り続けること』から『怒りを収めること』に向けることが出来ます。

些細な言い争いが原因でお互いが怒っている場合(ある程度ヒートアップしてしまった場合)には、美味しいものを食べるなどしてとにかく『快』の感情を与えるのがおすすめ。

こうした場合には『喧嘩の原因』は有って無いようなもの。後から振り返れば「どうしてあんなことで喧嘩になっちゃったんだろうね」と笑いあえるようなものである場合が多いので、とにかくシンプルな方法で、まずは自分の気持ちを落ち着けること。そして可能であれば、一度ブレイクタイムを設けることがおすすめです。

【3】相手と自分の『ズレてるポイント』を確認する

お互いのズレ

例えば、彼氏が分不相応な『高級外車』を買おうとしていたとき。

あなたは「こんな外車を買っても維持費もかかるだけだし、給料にも合っていないから買う意味がない。むしろ結婚資金などに回すべき」と考えるかもしれません。

しかし彼氏は「やっとまとまったお金ができた。いつか絶対に買いたいと思っていた高級外車を是非買いたい。これで長年の夢が叶う」と考えているかもしれません。

あなたにとっては高級外車は『お金の無駄』でも、彼氏にとっては高級外車は『買う価値のあるもの』なのです。

まずはその『価値観・認識のズレ』をきちんと把握しておくことが大切です。

彼に「そんなものは価値がない」「お金の無駄だ」などといくら言っても時間の無駄。なぜなら高級外車は彼にとっては「それだけの価値があるもの」だからです。彼からすると「お金の無駄だ」というあなたの考えこそが理解できないのです。

人それぞれ、価値観は違って当然。車が欲しい人、子供が欲しい人、家が欲しい人、夢を追いかけたい人、時間を大切にする人、お金を大切にする人。色々な人がいます。そしてその感覚は全く逆の立場の人からするとなかなか理解できないもの。そのことをお互いに意識しておくことも大切です。

【4】お互いが納得する解決方法を考える

お互いに納得

意見の食い違いが起きてしまった以上、次の行動は以下のどれかになります。

  • 相手の意見を受け入れる
  • 自分の意見を受け入れさせる
  • お互いの妥協点を探す
  • 一旦この問題を放置する
  • 別れる

さきほどの例でいえば、相手の意見を受け入れて高級外車を買う彼を見守るか、自分の意見を受け入れてもらい高級外車を買うお金は結婚資金に回してもらう。もしくは中古でややランクを落とした高級外車で我慢してもらい、残りを結婚資金にする。

今すぐに答えが出せるものでなければ一度『保留』にしたり、どうしても相手の価値観が受け入れられないと感じるのであれば別れを選ぶのも1つの解決方法です。

【5】相手を説得する

説得

【4】では解決方法について考察しましたが、ほとんどの人は「自分の考えを相手に受け入れて欲しい」と考えると思います。

しかし価値観が違う相手に真っ向から対立しても、相手の価値観が変わることはほとんどありえません。高級外車が欲しくて欲しくてたまらない彼氏にいくら「お金の無駄」「そんなものはいらない」と言っても通用しないのです。

たとえ無理矢理に納得させたところで、相手には不満が残ってしまいます。

相手の考えを変えさせ、不満を残さずにこちらの要望を受け入れてもらうために必要なのは『高級外車を買わないことや結婚資金を貯めることで(相手にとって)どんなメリットがあるか』を伝えることです。

  • 高級外車を買わなければあなたが前から行きたがっていた焼肉屋に行けるよ
  • 結婚資金を貯めておけばあなたの親戚も全員式に呼べるよ
  • 高級外車を買わなければ新居を買うときにあなたの部屋を作れるよ
  • 高級外車よりもちょっとおしゃれな国産の車にのってるあなたって『通』っぽくて素敵だと思うな

など、相手にとってのメリットを伝えてあげてください。

ここで大切なのは「私は式に友達をたくさん呼びたい」などと『あなた自身のメリット/願望』を伝えることではなく、『相手にとってのメリット』を伝えることです。

もちろん、逆にあなたの方が「高級外車に乗せて毎週ドライブに連れて行ってあげるよ」「高級外車を買う代わりに毎日掃除と洗濯をするよ」「一生のお願い」などと言われて説得させてしまう場合もあるかと思いますが、その場合もあなたに不満が残らないのであれば、それは充分円満な解決と言うことが出来ます。

同一視に注意!

いかがでしたか?

人は付き合いが長くなると、ついつい相手のことを『同一視』をしてしまいがちです。

しかし、いくら付き合いが長くなっても自分と相手は全く別の人間。価値観やものの考え方が違うのは当然といえば当然です。

長くなってしまいましたが、喧嘩をしたときには今回紹介した5つのことを意識してみてください。解決までの時間が軽減できますよ。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆