男性に確信させてはいけない

th_thinking.jpg

(51)男性は追いたい生き物でも触れましたが、男性は好きになった女性に追いかけられるより、好きになった女性を追いかけて手に入れることに楽しさを見いだす生き物。
恋愛は「男性に追わせる」ことで成功しやすくなります。

そして男性に追いかけてもらうためには「好意を伝えるけれど確信はさせないこと」が大切。具体的には「俺のこと好きなのかな……!?」という状態を作り出すことです。

男性にそう思わせることができると、男性はあなたのことが気になって仕方なくなります。そして気になるからこそ、追いかけてくれます。

逆に「俺のことが好きなんだな」と確信させてしまうと、あなたは、いつでも手に入る『追いかける必要のない女性』になってしまいます。

男性はどんなときに「コイツ俺のこと好きだな」と確信するのでしょうか?

メールが沢山くるとき

男性とメールをするのは、距離を縮める良い方法です。

しかし、相手から返信が来ていないにも関わらず、何通もメールを送ってしまったり、相手がメールを終わりにしたにも関わらず再びメールを送ったりすると「コイツ俺のことが好きなんだな」と思われてしまいがちです。

好きな人が相手だと、ついつい張り切ってメールを送ってしまいますが、送信する間隔や長さは「ほどほど」を心がけましょう。

ボディタッチを連発してくるとき

同じく、ボディタッチも好意を伝える有効な手段です。

しかし、大勢の前にも関わらずボディタッチを連発したり、やたらとしなだれかったり、胸を押し付けたりすると『あからさまに狙っている』という印象を与えてしまいます。

遊びたいと思っている男性には歓迎される行為ですが、激しいボディタッチは本命の男性には控えましょう。『狙われている』と思われると距離を置かれてしまう可能性が高いです。

やたらと自分をアピールしてくるとき

「どんな女の子が好きなの?」としつこく彼の好みを聞き出そうとしたり。

「私、料理が得意なんだよね、あとお裁縫も得意だしスタイルが良いねっても良く言われる」などと、やたらと女子力をアピールしたりするのも、あからさまに狙っている、自分のことを売り込もうとしている印象を、相手の男性に与えてしまいます。

こうして「いつでも手に入る女」になってしまうと、キープや都合の良い女として男性に扱われてしまう可能性が高くなってしまうのです。

次回は、より具体的な『都合のいい女にならない方法』を解説していきます。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆