待ち合わせでしっかり『掴む』とデートが成功しやすい

デートの待ち合わせ

いよいよ、デート当日。

実は、お互いの緊張が一番高まっているのは、デート開始の直前。『待ち合わせ』のときです。

『相手はどんな服装でくるんだろう』『自分におかしいところはないだろうか』『デートはうまくいくだろうか』など、様々な考えが頭を駆け巡り、気持ちが高揚しています。

まずはこの『待ち合わせ』でしっかりと相手の心をつかむことが大切です。では、そのコツを紹介していきます。

待ち合わせ場所には早めに着く

『待ち合わせにはわざと遅れる』というテクニックもありますが、これも『ドキドキさせる』という効果がある一方で、相手をイラつかせてしまう、ガッカリさせてしまうなどのリスクも大きいのでオススメしません。

それよりも、10分程度早めに集合場所に行って、彼を待っていましょう。5分前になったら『もう着いているから、着いたら電話してね』『◯◯の前で待ってるね♪』などとメールを送ります。

この時は、絵文字などを使って、楽しそうな文面にするよう心がけましょう。文章が短くなる分、絵文字がや顔文字がないと、そっけない印象になってしまいます。

そして相手と会ったら「楽しみすぎて早く来ちゃったんだ」と伝えましょう。緊張がピークに達しているときだからこそ、このセリフはダイレクトに相手の心に届きます。

相手を待っているときに気をつけること

もしも相手より早く着いたとしても、その場でメイクを直したり、大口を開けてあくびをしたりしないように気をつけましょう。その瞬間に彼が来てしまったら、可愛さ半減です。

また、スマホゲームに夢中になっていて相手が到着したのに気づかないのも、あまり可愛らしくはありません。

多少退屈に感じるかもしれませんが、待ち合わせのときは、ただ立っていましょう。

会った瞬間のリアクション

相手が来た瞬間は、必ず笑顔を見せてください。花が咲いたように、満面の笑みで相手と対面しましょう。

人は視覚から、多くの情報を得ています。笑顔を向けることで、相手に『自分と会ったことを喜んでいる』という気持ちを伝えることができます。

緊張が良い意味でほぐれて、相手もデートを楽しめるようになります。

会った瞬間は笑顔。ぜひ、覚えておいてください。

ちなみに、自分が遅刻してしまうと、対面の瞬間は『申し訳なさそうな表情』になってしまいます。そういう意味でも、待ち合わせには早めに到着するよう心がけましょう。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆