5つの鉄則

5つの教訓

前回の記事:もしかして私のことが好き……じゃなかった!体目当ての男性はこんな女を狙っているの続きです。

Sさんへの短い恋を経て、私は5つの教訓を学びます。

  • 女は男の一人暮らしの家に上がりこんではいけない
  • 『誘ってくる=好き』とは限らない
  • 割り勘にしてくる男は自分のことをそんなに好きではない
  • 合コンには『ただ遊びたいだけの男』もいる
  • 惚れた方の負け

今回はそのことについて詳しく解説します。

幸せな恋愛をするために胸に刻んだ5つの教訓

【1】女は男の一人暮らしの家に上がりこんではいけない

男の1人暮らしの家

これまで、恋愛とは無縁だった『彼氏いない歴=年齢』の私は、自分が男性から『女』として見られている、という自覚にかけていました。

しかし、スカートを履き、化粧をし、きちんと足を閉じ、下ネタに顔を赤らめていれば、周りの男性からは良くも悪くも『女』として……つまりは『性の対象』として見られています。『彼氏いない歴=年齢』の私ですらそうだったのですから、おそらく世の中のほとんどの女性は、男性から『女』として見られていると思われます。

そのことをきちんと意識して行動しないと『貞操の危機』に瀕してしまう可能性があるのだということは、常日頃から心得ておく必要があります。

【2】『誘ってくる=好き』とは限らない

誘ってくる=好きではない

多くの女性にとって、『体の関係』は恋や愛の延長線上にあります。しかし男性の場合は必ずしもそうとは限りません。

全員とは言いませんが、世の中の多くの男性は『好きじゃない人とでもチャンスがあれば体を重ねたい』と考えています。そしてそれは、『付き合いたい』『好き』という気持ちとは異なるもの。

もちろん、男女ともに例外はありますが、女性と男性にはそれぞれ違った傾向があるのだということは、知っておく必要があります。

【3】割り勘にしてくる男は自分のことをそんなに好きではない

割り勘

多くの男性は、好きな女性には食事を奢ってあげたり、優しくします。なぜなら、喜んで欲しいし、自分のことを好きになって欲しいからです。

逆に、好きでも何でもない女性には必要以上にお金や時間や労力を使おうとはしません。

そういう意味で、食事のときに『割り勘』か『奢りか』というのは、男性の本気度を見分ける1つの判断基準になります。

【4】世の中は『ただ遊びたいだけの男』もいる

遊びたいだけの男もいる

特に合コンなどの『出会いの場』には、男女問わず、一晩限りの遊び相手を求めてやってくる人もいます。ただ『遊びたいだけ』の男に引っかからないためには、焦らないこと、そして『嫌われることを恐れないこと』が大切です。

異性から声をかけられたときには、舞い上がらずにきちんと相手がどんな人なのかを知る。そして、自分が嫌なことはきちんと「嫌」と言う。その人との恋がうまく行かなくても、次があると信じる。

すると『遊び目当ての男性』に引っかかることも少なくなります。

【5】惚れた方の負け

惚れた方の負け

相手に惚れてしまうと、「嫌われたくない」という気持ちが湧き上がってきます。また、相手が欲しがるものをなんでも与えてしまいたくなります。特に、献身的な女性にはこの傾向が強いです。

惚れた相手も自分のことを思い、大切にしてくれる人なら良いのですが、世の中には『遊び目当て』『お金目当て』『体目当て』で女性の恋心を利用する男性もいます。

そういう意味で、相手のことをきちんと知るまでは、恋心をきちんとセーブすることも大切です。相手に惚れてしまうと、どんな理不尽な要求も断れなくなってしまうからです。

『男性』という生き物について

男という生き物

この5つの教訓を得たのは良いものの。

いったいどうしたら自分の恋愛が上手く進むようになるのか、さっぱり見当がつきませんでした。

そこで私は、ある男性にアドバイスを求めます。

→『なぜ!?気になる男性からことごとくフェードアウトされてしまう理由』に続きます。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がうまく進みますように……☆