【第二章】出会いを運命に変える

理想の恋人探し

th_a0001_014408.jpg

あなたは『理想の相手』について考えたことがありますか?

結婚相談所などでは職業や年収、趣味などから、お互いの『条件』に合った相手を探し出しますが、

それだけで、必ずしも理想の相手が見つけられるとは限りません。むしろ『条件』を全てクリアしていても、その人を好きになれるかというのはまた、別の問題です。

今回は『理想の相手』を探す上で、考慮すべきポイントを紹介します。

一緒にいて居心地が良い相手であること

あなたが一緒にいて「居心地が良いな」「なんだか安らぐな」「この人の前だと自然体でいられるな」と感じるのはどんな相手でしょうか?

仮にイケメン、高収入、性格も良くて人気者の男性が目の前に現れても、あなたが「どうにも居心地が悪い」と感じるのであれば、それはあなたの感覚が「この人は違う」と訴えているのです。

それは条件だけでは分からない、何か合わない部分があるということ。そしてその『感覚的に合わない部分』は見て見ぬ振りをしていても、後に決定的なズレとして現れる場合が多いです。

尊敬し合える相手

いくらフィーリングが合っても、趣味が一緒でも、好きなスポーツチームの話題で意気投合して、好き合っていても。別々の人間である以上、長い付き合いの中では多かれ少なかれ、必ず『ズレ』が出てきます。

どちらかがどちらかを見下たり、どちらかだけが我慢をするのでは、関係は長続きしません。

ズレを調整し、お互いの妥協点を探していくためには「お互いに尊敬し合える相手である」というのがとても大切。

あなたと釣り合う相手

良くも悪くも、あなたが『釣り合わない』と感じる相手との恋愛はおすすめしません。お互いに疲れてしまうからです。

また、あなたが今イメージしている理想の相手は、あなたに釣り合う男性でしょうか?

「ゴリラでもいい」などと自分を卑下してしまったり、あるいは「大金持ちでイケメンで性格も完璧でしかもスポーツマン」と今の自分の生活に接点のなさそうな相手をイメージしてしまってはいませんか?

自分を卑下してしまっていると、自分の理想以上の男性からのアプローチを素直に受け取れず、チャンスを逃してしまう可能性があります。逆に理想が高すぎる場合は、その理想に及ばない相手からのアプローチを無下に断ってしまいがちです。

『自分に相応しい相手』をしっかりイメージしましょう。そしてその相手に釣り合う自分になるために「自分磨き」をしましょう。

また、『自分は理想の相手と巡り会えない気がする』と感じる人は、結婚相談所の診断を試して見るのがおすすめです。世の中に、同じように出会いを求めている、しかも自分が望んでいるような条件を満たして異性がたくさんいるとわかると、「いつか出会えるかも」と恋愛に対して前向きになれます。

オーネットの結婚診断を試して見る

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆