嫌気

実は悪影響を与えてるかも?

「あー、かったるい」
あなたにも、思わずそんな風に呟いてしまったことがあるでしょうか?

もしかしたら、その何気なくつぶやいてしまったネガティブな言葉が、周りに影響を及ぼしているかもしれません。

どの感情を表に出すか

「ダルい」「お腹空いた」「眠い」「楽しい」「ウキウキ」「緊張」
人間のなかには、常に色々な感情が渦巻いています。

そして大体の場合、物事にはその両方の面があるものです。
実は、ポジティブな人というのは、その中の「快」の感情を取り上げて、表に出す人。
ネガティブな人というのは、その逆なのです。

どんなにポジティブな人でも、その逆の感情を内面に秘めています。
肝心なのは、どの感情を表に出し、周りから自分がどう見られているのか意識してみることです。

愚痴を言ってしまう癖

本当に辛い時、誰かに愚痴を漏らすのはもちろん悪い事ではありません。
でも、「無意味に」ネガティブワードをまき散らす癖がついていないかだけは、要チェック。

何かにつけて「めんどくさい」「やだ」「ダルい」などのネガティブワードを発してしまっている。
もしそんな自分に気づいたのなら、あなたはとってもラッキーです。

なぜなら、自分を今より良い方向に持っていくことが出来るから。
少しずつでも大丈夫ですから、ポジティブな口癖を身につけていきましょう。

「楽しい」「嬉しい」と言った言葉や、「笑顔」も大切です。
ネガティブワードが周りからすれば不愉快な雑音であるのと逆に、ポジティブワードや笑顔は周りの人からすればちょっとした栄養剤。

周りの人も自分も元気にできる…言葉には本来そんな力が宿っています。

上手に使えばもちろん回りからの好感度もアップ☆
気になる彼も、きっとあなたに一目置いてくれるようになります。
ぜひお試しください(^^)

早くあなたにも素敵な恋が訪れますように…☆