男性を喜ばせるワガママ

可愛いわがまま

「ワガママな女性はモテる」

そんな言葉を、あなたも聞いたことがあるかもしれません。

しかし『ただただひたすらに自分勝手なわがまま』は男性からも敬遠されがち。例えば以下のようなものです。

  • 忙しいときに「どうしても今すぐ会いたい」と言われる
  • 気に入らないことがあると不機嫌になる
  • 人を傷つけるような行動をする

では、男性から好かれるわがままとはどのようなものなのでしょうか?

男性に好かれるワガママと嫌われるワガママの4つの違い

【1】可愛らしくおねだりする

可愛く

恋人に会いたいと思ったとき。あなたはどんな言葉で相手に気持ちを伝えていますか?

素直に「会いたい」と言えればいいのですが、相手が自分にかまってくれない寂しさや不満から、ついつい嫌味ったらしい言い方になってしまったり、相手を探るような遠回しな言い方をしてしまった経験のある女性も多いのではないでしょうか。

しかし「最近ちっとも会ってないよね」「他に好きな人でもできた?」などと遠回しに言われても、男性は鈍感なので女性の気持ちを察することができません。男性同士の場合、こんな回りくどいことはせずにズバッと要件だけをいうからです。

なので、回りくどい言い方や冷たい口調で言われると男性は根底にある女性の「会いたい」という気持ちに気づかずに、責められたり、疑われているように感じてしまいます。

男性だって女性を喜ばせて幸せにしてあげたいのです。わがままを言うときには可愛らしく、素直に気持ちを伝えましょう。
また、男性は女性にワガママを言われたときにこんなことを感じます。

  • 自分を頼りにしてくれている
  • 甘えられている
  • 必要とされている

男性にこんな風に思ってもらうためにも、自分の気持ちは素直に。そして可愛らしく伝えましょう。

【2】脅迫をしない

脅迫

男性は、女性のワガママを叶えてあげることで、相手に喜んでもらいたいと思っています。

  • これを買ってあげたら彼女は喜ぶかな
  • 今から会いに行ったら彼女は喜ぶんだろうな
  • 奮発していい旅館を予約したら彼女は喜ぶかな

こうした『女性を喜ばせよう』という気持ちが、男性のモチベーションであり、喜びにつながるのです。なので、男性は女性からの「○○してくれたら嬉しいな」というお願いが好きです。

そして逆に「○○してくれないと別れる」のような脅迫は嫌いです。脅迫された上での行動は男性からすると「強制的にやらされた行動」にすぎません。すると結果的に得られる満足感が少ないのです。

わがままを言うときには『脅迫』をしないように心がけましょう。

【3】感謝する

感謝

男性が女性のワガママを聞く理由は、女性が自分の行動で喜ぶ姿を見たいからです。女性からの「ありがとう」の言葉が聞きたいからです。

  • ありがとうと言ってくれない
  • 喜んでくれない
  • 『これくらいしてくれて当然』という態度
  • すぐに次のワガママを言われる

これらの行動は、男性を非常にガッカリさせてしまいます。「もっと何かしてあげたい」とも思えなくなってしまいます。

男性がワガママを聞いてくれたときには、目一杯喜びと感謝の気持ちを表現し、彼を尊敬しましょう。どんな小さなことでも、女性が喜んでくれると男性は嬉しいものです。

そしてそんな女性を「これからも大切にしよう」と感じます。

【4】バランスに気を使う

バランス

彼にわがままをいうときには、そのバランスも大切です。

あまりにハードルが高すぎては、彼はあなたからのわがままを『負担』に感じてしまいます。また、わがままを叶えてあげられなかったときには自信も失ってしまいます。

しかしわがままを言われなかったり、あまりに簡単な『お願い事』ばかりされていては「自分は彼女から信頼されていないのかな」とこれまた自信を失わせてしまいます。

わがままを言うときには、『負担になりすぎないけれどやりがいを感じられるわがまま』を言うように意識してみてください。

  • わがままを言う頻度
  • 『わがまま』によって彼が使うであろうお金や時間
  • そのわがままが彼にとってプラスになるかどうか

これら3点を意識すると、自分の『わがまま』を客観的に分析しやすくなります。

おわりに

以上4つの「違い」を解説しましたが、いかがでしたか?

ちょっとした言い方や態度で、ワガママの印象は180度違うものになります。ポイントをしっかり押さえて、彼を喜ばせるワガママを言ってあげてくださいね。2人の仲をますます深めるきっかけになりますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆