異性と接すると緊張してしまう

th_kintyosuru.jpg

「異性の前で緊張してしまう」と悩んでいる人は大勢いますが、その中でも深刻なのが「緊張して汗が止まらなくなってしまう」という悩み。何を隠そう私もその1人です。

今回は『異性の前で緊張して汗や手汗が出てしまうときの5つの対処法』を紹介します。

緊張して汗や手汗が出てしまうのを緩和する5つの方法

【1】「汗を止めなきゃ」と考えない

止めようとしない

「なんで!?こんな大事なときに、こんなに汗がでるの!?止まって!!!」と念じれば念じるほど。「ヤバイ、汗が!!!」と焦れば焦るほど、体の緊張状態は高まり、汗は流れ出てきます。

まずは「汗をかいていること」を素直に受け入れることで、状況の悪化を防ぐことができます。

【2】「緊張している」と言ってしまう

緊張していると伝える

「緊張を隠そう」としてると、残念なことに人間はますます緊張してしまいます。時と場合によっては予期せぬハプニングを招いてしまうことも。いっそ、自分が今相手に緊張していることを伝えてしまいましょう。

相手が異性の場合は「あんまり男の人と話すことがないから緊張しちゃう」などと伝えれば、純情そうな印象を抱いてもらうこともでき、一石二鳥です。

【3】良く見られようとするのをやめる

良く見せようとしない

冒頭でふれた通り、緊張してしまう一番の原因はあなたの内にある「相手の前で失敗したくない」という気持ちです。

緊張を和らげるために、まずは「普段通りでいい」と心の中で呟いてみてください。いつものままで大丈夫。失敗したって大丈夫。ありのままのあなたが一番魅力的です。

必要以上に自分を演じず、普段通りのあなたを見せるように心がけてみましょう。

【4】ゆっくりを呼吸する

深呼吸をする

緊張しているときは、自然と呼吸が早く、浅くなってしまっています。深く、ゆっくりとした呼吸を心がけると、自然と心も落ち着いてきます。

同時にストレッチをするなどして体の血行を促すことができればより効果的。

【5】一度退席する

一度退席する

可能ならば、一度退席してトイレに向かいましょう。思う存分汗を拭き取って、先に説明した4つのことを試してみてください。そして用を足せればなお良いです。

1人になって、ブレイクタイムを取ることで落ち着きを取り戻すことができます。

ありのままの自分を見せる

以上5つの対処法を紹介しましたが、いかがでしたか?

「自分をよくみせよう」とすると、人はどうしても緊張してしまいます。そして緊張してしまうと、あなたのありのままの良さはなかなか相手に伝わりません。

「良く見せよう」とせずに、あなたらしく、心のままに相手と接するよう心がけてみてください。そして、あなたの良さを補助するものとして、駆け引きや恋愛テクニックを使ってみてください。

きっと、異性との付き合いが変わってくるはずです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆