彼氏ができない理由は別にある

彼氏ができない理由

前回の記事:「このままじゃ一生彼氏ができないかも」と思っていた私に訪れた1つの転機の続きです。

「痩せたらきっと彼氏ができる」「痩せたらきっとうまくいく」「痩せたらきっと似合う服も増える」

そんな風に『痩せたら』をまるで呪文のように繰り返しながら、ちょっと痩せては太りを繰り返し、かれこれ10年以上も、私はダイエットを続けていました。

しかし、世の中にはM子をはじめ、太っていても幸せな恋愛をしたり、結婚をしている人がいくらでもいます。

私は、自分自身の『顔や体型以外のモテない原因』を徹底的に分析してみることにしました。その結果、大きく分けて3つの原因に思い当たります。

恋人ができない本当の理由

女の子らしさがない

wink.jpg

まず最初に思い当たったのは、自分には『女性らしさが欠けている』ということでした。

  • 服装は基本的にジーパンにTシャツ
  • 飲み会で酔い潰れることも多々あり
  • アクセサリーは邪魔なので身につけない
  • ネイルやメイクにはほとんど興味なし
  • 髪は伸ばしっぱなしで適当に1つ結び
  • 趣味はゲーム
  • タバコを吸いながらのコーヒータイムが至福のとき
  • 作れる料理はチャーハンのみ
  • 部屋が汚い

以前『彼氏が欲しいのに出来ない女の子にありがちな10の特徴』という記事をアップしましたが、当時の私は、まさにその代表例でした。

「彼氏が欲しい」「恋がしたい」と言いながら、私は周りの人から「女性らしく見られる努力」を、全くと言って良いほど行っていなかったのです。改めて考えてみると、これでは『女』として好きになってもらうことは難しいかもしれません。

『女の子らしくなる』というのは、私の第一の課題になりました。

男の人と仲良くなれない

1002.jpg

しかし、原因はこれだけではありません。私には、当時男友達がほとんどいませんでした。

唯一の『友達』と言える人は、毎日顔を合わせる同僚の男性、たった2人だけ。しかしその2人ともせいぜいグループでの飲み会で顔を合わせる程度なので、『友達』というよりは『知人』といった方が正しいかもしれません。悩み事を相談したり、ましてや恋愛関係に発展することなど、逆立ちしてもありえませんでした。

相手が好きな人であれ、そうでない『ただの男の人』であれ、私は異性と『知人以上』の関係を築けたことがなかったのです。理由は簡単。男の人と、何を話せば良いのかが分からなかったからです。

『男の人と普通の友達になる』

これも、私の課題になりました。

自分に自信がない

gattu.jpg

また、もう1つ、恋愛に積極的になれない理由がありました。

それは、自分に自信がないこと。おしゃれでもない、ぽっちゃり体型、汗っかきで話し上手なわけでもない。

「こんな私に話しかけられたら迷惑なんじゃないかな?」という気持ちは、男性に話しかけることを躊躇させていました。

「痩せたらおしゃれもメイクも楽しもう」「痩せたらもっと自分に自信が持てる」

そんな風に考えてダイエットに励んでいた(しかし続かない)私ですが、それは結局『太っていること』を理由に、やりたいこと(恋愛)を先延ばしにしているだけ。

もっと突き詰めれば、失敗することや恥をかくことを恐れて、行動できないでいただけ。M子の写真を見た私は、そんな風にも思いました。

『自分に自信を持つこと』

これは、私の中で3つ目の課題になりました。

3つの目標

3つの目標

  • 女の子らしくなること
  • 男の人と『友達』になれるようになること
  • 自分に自信を持つこと

この3つの目標を定め、ここから、私の『恋活』が始まることになります。

『彼氏いない歴=年齢』の私にとって、それは、長く険しくい道のりになりそうな予感がしました。しかし、M子が私に教えてくれた、「太っていても恋愛はできる」ということは、私の中で、とても大きな勇気と希望になりつつありました。

『恋活開始!男性から『女』として見てもらうための服装選び』に続きます。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がうまく進みますように……☆