付き合うまでのステップ

疑問

「付き合う前にどこまでオーケーか」ははっきりいって人によります。女性側がどこまで許可するかで、それは変わってくるからです。

そして男性がその女性のことを『遊び目当て』で考えているのであればそれ以上はそれ以上は追って来ないでしょうし、本気で付き合いたいと考えているのであれば、例え断られたとしてもアタックを続けてくれます。

なので、あなたが「これ以上は付き合っていない男性とはしたくない」と思うタイミングで断れば良いです。

しかし、好きな人に求められると「これはありなのかな……?」とズルズルと引きずられてしまいがち。

今回は恋愛成熟のために『どこで線引きをするべきか』を解説していきます。

体の関係は付き合ったあと

お付き合い前にも関わらず体の関係を求めてくる男性は大勢います。

しかし『知っておきたい男の本音。お泊まりしたい≠彼女にしたい』で解説しているとおり、男性に体の関係を求められたからといって、その後に必ずしも『告白』や『お付き合い』が待っているとは限りません。

むしろ、お付き合いの前に体の関係になってしまうことによって、相手の男性は満足し、他の女性のところへいってしまう可能性もあります。

後悔しないために、そして恋愛を円滑に進めるために。体の関係は付き合ったあとにすることをおすすめします。

キスをする

付き合う前にキスをしてくる男性は多いようです。

また「付き合う前でもキスくらいならありかな」と考えている女性も意外と多いようですが、あなたが「付き合うまでは絶対に嫌!」と思うのであれば、その感覚を通して構いません。

相手の意見も大切ですが、「嫌われたくない」という気持ちで大切なものを差し出してしまうと、後で後悔することになってしまいます。あなたが大切しているものは、あなた自身のために、きちんと守り抜いてあげてください。そして、あなたが大切にしているものを理解し、ともに守ってくれるような男性に、その大切なものを渡してあげてください。

手をつなぐ

個人的には、相手が気になる男性なら、手は素直に繋がれておいた方が良いと思います。

なぜなら、ほとんどの男性が「手をつなぐのは付き合う前でもオーケー」と考えているからです。

ゆえに、手をつなぐことを拒否してしまうと、どんな断り方でも、ほとんどの男性は傷つきます。

もしもあなたに「手をつなぐのは付き合ってからがいい」という希望があるのであれば、それをいかに自分が重要に思っているかということを、きちんと相手に伝えるように心がけましょう。

そして『相手からの求めをお断りするとき』には、その断り方がとても大切。

次回は『上手な断り方』を解説していきます。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆