お花見デートで距離を縮める方法

「今度のデートはどこへ行こう?」と考えたとき。

春先ならば『お花見』を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

今回は『お花見デートで彼をキュンとさせる5つの方法』を紹介します。

【1】お酒の力を借りて彼をキュンとさせる

お酒の力を借りる

2人きりのお花見でガッツリ場所取りをしてお酒を飲むことは少ないかもしれませんが、ベンチに座ってお花見をする場合などにも、お酒の力を借りることはおすすめ。

外でお酒を飲むことでお互いに開放的な気分になれます。いつもなら恥ずかしくて言えないことも、お花見でなら言えるかも!?もしくは普段は相手に断られる『おねだり』もすんなり聞き入れてもらえるかもしれません。

【2】食べ物を分けてあげて彼をキュンとさせる

一口あげる

お花見シーズンには、多くの場所で出店が出ています。

「あれ、美味しそう!」と笑顔を見せたり、「一口食べる?」と「あーん」をして彼をキュンとさせましょう。(関連記事:花火大会で彼の心を舞い上がらせる魅惑の7つのテクニック

【3】花びらを取ってあげて彼をキュンとさせる

桜吹雪

桜の樹の下には花びらが舞っています。

彼の頭や服に付着したときには、是非正面からとってあげましょう。

特に髪の毛に付いた花びらを取る場合には、自然と上目遣いになるため「キスされそう!」と彼をドキマギさせられます。

【4】手をつないで彼をキュンとさせる

手をつなごう

お花見のシーズン。桜が綺麗な場所は混雑しています。

「あまり手をつないだことがない」「彼が人前で手をつないでくれない」というカップルは、是非この混雑を利用してみてください。人混みならば周りの人から見られることもないし、『はぐれないように』という建前があれば手も繋ぎやすくなります。

【5】『思い出の品』で彼をキュンとさせる

桜の花びら

満開の桜を写真に撮ったり。「記念に持ち帰ろう」と花びらを手帳に挟んだり。こうした『思い出の品』を持ち帰ることで、彼に「自分との時間を思い出に残してくれるんだな」「楽しんでくれたんだな」と感じてもらえます。

ただし、写真を撮ることばかりに夢中になりすぎて、彼をほったらかしにしてしまわないようにご注意を!

桜は恋の手助けをしてくれる

いかがでしたか?

ちなみに、美しい自然を見ることで恋愛ホルモンである『PEA』の分泌が促されると言われています。また、桜の花粉には『興奮物質が含まれている』という説も。

お花見デートは付き合いたてのカップルだけではなく、マンネリ気味のカップルにもおすすめです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆