頼りにすることでも信頼が伝わる

th_eb50508915acd020a90cc4abc3d86040_s.jpg

「頼りにしてるよ」

こんな風に声をかけられたら、嬉しいですよね。

人間は本能的に「誰かの役に立ちたい」と考えている生き物だからです。

前回の記事で『秘密の話をすることで信頼を伝えることができる』と解説しましたが、相手を頼りにすることでも、その人に「信頼されているな」と感じてもらうことができます。

男性は頼られると嬉しい

多くの男性は「女性の前で良いカッコがしたい」と考えています。

頼るという行為は、そんな男性に『活躍の場』を与える行為。男性からすれば、とても嬉しいことです。

「迷惑をかけないように一人で頑張ろう」と考えてしまう女性は多いのですが、気になる男性のことはどんどん頼りにしましょう。

ちょっとしたお願いは距離を縮める

とはいえ「どうやって男性に頼ったらいいのか分からない」という女性も多いと思います。

そんな女性は、まずは「ちょっとしたお願い」をすることから始めてみてください。

例えば、近くにあるものを取ってもらう。ちょっと荷物を持っていてもらう、作業を手伝ってもらう、などなど。

「お願いがあるんだけど……」と重々しく切り出すのではなく「そこのそれ、取ってくれたら嬉しいな」などと可愛らしく、お願いをしてみましょう。なれてくると『引越しの手伝いをして欲しい』などの高度なお願いもできるようになります。

相手も喜んでくれるし、自分も得する。『相手を頼ること』は一石二鳥なテクニックです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆