好きな人がなかなか出来ない

th_a1640_000182.jpg

「彼氏ができない」と悩む女性のなかには、「そもそも好きな人ができない」と悩んでいる人も少なくありません。
出会いがない、理想が高い……など、さまざまな理由が考えられますが、「始めから完璧な人を見つけようとしている」というのもよくある理由です。

(12)片思いの脳内恋愛が恋愛に与える悪影響」で解説した通り、恋の始まりは「なんかいいな」というもの。

運命的な出会いによって『強烈な一目惚れ』をしてしまう可能性もありますが、ほとんどのカップルは「なんとなくいいな」から恋愛を発展させていきます。

「なんとなく良いな」から恋が生まれる

私のように2秒で恋に落ちてしまう妄想の激しい人もいれば、長い時間を過ごしたあと、ようやく「好きかも」と思える人もいます。

すぐに人を好きになってしまうのも、なかなか人が好きになれないのも、どちらもけして、おかしなことではありません。

「好きな人ができない」と悩んでいる人は、無理に「好きな人」を探すのではなく、「なんとなくいいな」と思える人との時間を大切にしてください。「好き」はそこから生まれてきます。

「なんとなくいいな」から徐々に距離を縮めていく方法

逆に一目惚ればかりしている人は、照れてしまって相手の男性と上手く距離が縮められないことも多いので、「なんとなくいいな」くらいの好意で男性と接することができる女性のほうが自然体で男性と接することもでき、結果として相手との距離も縮めやすいです。

「なんとなくいいな(友達になる)→好きかも→好き→付き合いたい(恋人未満友達以上)」とお互いの気持ちが変化していくのが、「付き合う前」の恋愛です。

相手の様子を見ながら、重すぎず、軽すぎない好意を伝え、逆に相手からの好意を受け取って、男女は恋を育んでいきます。

好意を隠すのでもなく、いきなり告白をするのでもなく、「あなたのことを気に入っています」という気持ちを小出しにして伝えていくことで、自然な形で男性との距離を縮めることが可能です。

『チャンス』は普段の会話から始まる

とはいえ、なかなか距離を縮めるチャンスが掴めない、と悩んでいる人も多いと思います。

二人きりになる機会や、イベントでペアになるなどとびきりのラッキーがやってくれば、それは間違いなく『恋のチャンス』です。

しかし、普段の挨拶や、ちょっとしたやりとりの中でも、好意を伝えることは充分可能です。

「おはようございます」の後に、「◯◯さんって、芸能人の〜に似てますね」と相手の容姿を褒めたり、「雨は大丈夫でしたか?」と相手を気遣ってみる。

そうして『ちょっとした好意』を伝えると、相手の男性は「この人は自分のことを嫌ってはいないようだから、自分から話しかけても大丈夫だな」と感じてくれます。

すると、相手からもあなたに歩み寄ってきてくれるようになるので、会話のチャンスも増えます。すると自然と二人きりになるチャンスが生まれるのです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆