社交辞令メールでは続かない

th_cutemail.jpg

人間には、無意識のうちに相手に合わせて自分の態度を変えている部分があります。そしてそれはメールに関しても例外ではありません。

メールの文面や長さ、砕け具合など、人は相手の文章を見て判断し、返信をしています。

なので、最初のメールで「○○です。電話番号はxxx-xxxx-xxx」のような素っ気ないメッセージを送ってしまうと、相手からのメールも、あなたのメールに合わせた素っ気ないものになってしまいます。

ただの社交辞令メールではなく、ある程度『色気』のあるメールを送信することが大切です。

色気のあるメールを作る

ここでいる色気とは『恋の予感』のことです。

「今日は○○さんとおしゃべりできて嬉しかったです」のように、相手への好意を伝えることで、そのメールは一気に『恋の予感を含んだ楽しい物』に変化します。

相手からアドレスを聞いてもらったのであれば「○○さんとアドレス交換できるなんて嬉しいな♪」など、より思わせぶりな発言をするのもありです。

相手のことを褒める

また、相手のことを褒めるのも効果的です。

「今日はありがとうございました。○○さんって、やっぱり頼りになりますね♪」など、相手のことを褒めるのもオススメです。

失礼にならない程度に、絵文字や顔文字もいれておくと、親しみが感じられて良いでしょう。

必ず先に送る

冒頭で紹介したとおり、人は『相手の反応を見て行動を変える』からです。それはコミュニケーションをスムーズに行うために必要なことでもあります。

だからこそ、アドレス交換後のメールは、必ずあなたから送るようにしましょう。

彼に先に「○○です。番号はxxx-xxxx-xxx」のような素っ気ないメールを送られてしまうと、それで二人のやりとりの方向が決定付けられてしまうからです。

また、あなたのほうからメールをすることで、相手に「自分とのメールを楽しみにしてくれていたんだな」という印象を与えることができます。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆