「この人とはずっと良いお友達でいたいな」

そんな風に思っていた彼。
でも最近なんだか彼が自分を見る目に熱がこもっている……!?

今回は『恋愛的に好きではない異性』から好意を寄せられたときの対処法を紹介します。

  • 好きではない人から好かれて困っている
  • やんわりと断りたい
  • できればお友達として良い関係でいたい

こんな風にお悩みの女性にオススメです。

【1】メール・ラインを返信しない

好きではない男性から好意を寄せられたとき、大切なのは『脈なし』をアピールすること。
その中でも最も分かりやすいサインは、メールの返信をしないことです。

「質問されているし、一応返したほうがいいのかな……」という気持ちでメールの返信を続けていると、相手に「メールのやり取りが続くってことは脈アリかも」と誤解されてしまいがち。

どうしてもメールのやり取りが必要なときには、以下のことを心がけてみてください。

  • 絵文字や顔文字を使わない
  • 文章を必要最低限にする
  • こちらからメールを終わらせる

相手に「自分に恋愛的な興味はなさそうだな」と感じてもらうことができます。

【2】体の接触を避ける

異性をドキドキさせるにはボディタッチが効果的。
女性から触れられると、男性は「俺って結構好かれてる?」と感じてやっぱり嬉しいものです。

だからこそ、『異性との距離を縮めたくないとき』には故意なボディタッチはもちろん、偶発的に肌と肌が触れ合うことを避けるようにしましょう。

  • 歩くときには密着しない
  • 飲食店ではカウンターではなく向かい合わせの席を選ぶ

など、意識的に距離を開けるように心がけてみてください。
相手が距離を縮めようとしてきても、それに応じないことも『脈なし』を察してもらうためには大切です。

【3】2人きりのデートを断る

「ちょっと相談があるんだけど……」
「1人じゃ入りづらい店だから、一緒に来てくれない?」

などなど、言葉巧みに2人きりのデートに誘われることもあるかもしれませんが、脈なしをアピールしたいときには2人きりのデートも断るのが良いでしょう。

【4】色気を排除する

  • 2人きりで雰囲気の良いデートスポットに出かける
  • 2人きりで密室に入る
  • 女性らしく可愛い服装で会う
  • メイクや髪型に普段より気合をいれる

こうした行動は、相手の異性に「特別な存在として意識されている」という印象を与えてしまいがち。
お付き合いする気のない異性と会うときには、極力これらを避けてみてください。

【5】他の異性の話をする

自分にアプローチしてきている彼の前で、他の異性の話をするのも『脈なし』をアピールするためには効果的です。

「〜のことが気になっててさ」「〜ってカッコイイよね」など、「あなたは眼中にないのよ」というニュアンスを含むことが大切です。
身近な異性ではなく、芸能人を対象にしても効果はあります。その場合「〜と結婚したい」「〜と付き合いたい」など、よりその人に『夢中』であることをアピールするのがおすすめ。

【6】周りの友達にアピールしておく

特定の異性からアプローチを受けているときには、周りの友人たちから探りをいれられることもあるもの。

そんなときには「◯◯さんはない」ときっぱりと『脈皆無』であることをアピールしておきましょう。

「うーん、どうだろう?」などの曖昧な態度だと、第三者は誤解してしまいがち。
応援されてしまいかねませんので、きっぱりと伝えることが大切です。

【7】相手の恋愛を応援する

脈なしを伝える方法として、『自分以外の相手』との恋を応援することも効果的です。

  • 「〜はどう?」と身近な異性を恋愛対象にあげる
  • 「〜なタイプの子が合いそう!」と自分とは逆のタイプの子を進める
  • 「お互い素敵な人見つけようね」とそれぞれに別の相手をあてがう

これらの方法で、恋愛対象として意識していないことを伝えましょう。

【8】いい雰囲気をぶち壊す

仲の良い友人同士であれば、うっかり『良い雰囲気』になってしまうこともあるかと思います。
そんなときには、積極的にその雰囲気をぶち壊して行きましょう。

例えば携帯でメールを打ち始めたり、家族や友人など『第三者』の話をするのもおすすめ。
「冷蔵庫の中のサラダが腐っててさ……」など、女性として残念なエピソードを披露するのもありです。

おわりに:脈なしサインを出すのが大切

いかがでしたか?

男性は女性と比べると鈍感です。
なので、『察してもらう』ためにはしっかりと脈なしをアピールすることが大切。

「傷つけたくないな……」という気持ちで曖昧な態度を取っていると、相手の男性は「オーケーなんだな」「押せばいけるかも」などと誤解してしまいます。そしてどんどん積極的になり、恋心を膨らませてしまうものです。

好きではない男性に対しては、期待をさせないことを心がけてみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日が充実したものになりますように……☆